うつ病の人が気をつけたい躁状態とは【元気がありすぎる状態が続く】

女医

エビデンスに基づくものか

うつ病の治りが悪いと躁状態もある双極性障害を疑うこともあります。セカンドオピニオンのタイミングは、エビデンスに基づく治療がおこなわれているかどうかです。また、治療は、薬物療法だけでなく、心理療法により気分の波を把握することが大事です。

詳しく見る

女性

クリニックを比較

躁状態の人は単純にテンションの高い人にしか見えません。しかし、躁鬱病の可能性も否定できないことから、一度、精神科や心療内科で診てもらった方がいいこともあります。そのためには信頼できるクリニックを探しましょう。

詳しく見る

診察

いろいろなパターンがある

うつ病にはいろいろなパターンとなり、躁状態を含んだものかどうかというのは、診断や治療方針を決める時において非常に重要なポイントになります。このタイプは、進行が速い上に、再発もしやすいため、早期発見・治療で生活の破綻を防ぐことが大事です。

詳しく見る

考えられない行動が増える

女性

早期に適切な診断と治療を

うつ病には、躁状態を含むものもあります。躁状態では、2週間以上にわたって、元気がありすぎる状態が続きます。楽しい気分ややる気にあふれ、自ら次々に新たなことを始めていきます。あれもこれも手を付けてしまい、気づくとあまりに多くのことを考えているので、傍からみるとやり終えられそうもない仕事を引き受けがちです。しかし、本人は、何も不安を感じていません。少し怒りっぽく、イライラしがちになることもありますが、寝るのを惜しむように、短時間の睡眠で活動し続けます。躁状態を含むうつ病の人の中には、普段の人柄などからは考えられない行動をとる人もいるので注意が必要です。とてつもない浪費や軽率な言動や不法行為などがあてはまります。そのため、このタイプのうつ病は、人間関係の悪化が避けられず、信頼を失って孤立しやすいです。時には、なんでもできるという万能感が高まりすぎることがあります。加えて、自分が特別な存在だと勘違いすることもあります。躁状態にあるときは、自己批判に欠け、自画自賛する感情が行き過ぎて、本人はもちろん周囲も訂正することができない誤った考えを抱く人も多いです。このような状態が続いた後に、急に何週間にもわたって憂鬱な状態が続くようなら、躁状態とうつ状態を繰り返す双極性障害の疑いがあるので、早期受診が必要です。また、うつの症状は比較的緩やかに進行していきますが、躁の症状というのは、速いスピードで進行していきます。重症化すると入院が必要になりますので、おかしいなと感じたら特に早めの対応が大事になります。躁状態を併せ持ったうつ病は、双極?型障害と双極?型障害があります。このうち、?型は、はなはだしい躁状態のために、入院治療が必要ですから、本人や医師が気づかないということはそうありません。しかし、体調の高まりはあるけれども、日常生活に大きな障害はきたさないという軽躁状態にとどまる?型やより軽症状態である双極スペクトラムになると、より診断は困難です。診断が困難な理由は、日常生活に大きな支障をきたさないため、本人は躁状態を正常な状態あるいは良い状態と考えてしまいがちだからです。?型や双極スペクトラムを見逃さないためには、初診で病気と治療の経過、家族の様子などに関して問診を行う必要があります。加えて、生育の経過や職歴に関しての問診も行うことが大切です。これを怠ると躁状態に関する情報が医師に伝わらないため、うつ病と診断されて治療が長引くことになります。もし、ここで?型や双極スペクトラムの可能性を疑えば、短時間の診察であっても、活動記録を用いて本人から情報収集したり、家族から情報収集して、適切な治療に結び付けることができます。初診時に十分な情報を聴取しようとしない医師であれば、医療機関を変えるのが賢明です。双極性障害の?型の人は、理屈っぽい性格でもあるので、情報収集に関しても、何故こういうことが必要なのかという説明が必要になります。加えて、活動記録に関しても、何故書く必要があるか、記録の仕方に関しての説明が必要です。そうした、説明を避けたがらない医師のいる医療機関が双極性障害の治療には適切です。

Copyright© 2018 うつ病の人が気をつけたい躁状態とは【元気がありすぎる状態が続く】 All Rights Reserved.